デオシーク 体臭 対策

NGな体臭ケア

汗や体臭のニオイ対策にはいろいろありますね。
体臭を消そうと、手軽な手段を使っている人も多いと思います。
臭い対策の方法によっては、臭いをもっと悪化させる結果になってしまっている可能性もあるのです。

 

香水などにたよる体臭対策

香水など、を使用しての体臭対策はNG!です。
汗の臭いよりも強い香りでごまかしていたりしても、根本的な汗の臭いは解決されていません。
そして、香水の香りが汗のニオイと混ざりあうことで、もっと嫌なニオイを出してしまっているということもあります。

 

汗ふきシートを使っての体臭対策

ドラッグストアに行くと売り場でも目立つデオドラント効果のある汗ふきシート。
外出先でも使うことができ、とっても便利。
香り付きのシートもありますね。
この場合も香りで臭いをごまかす結果になっていることもあります。
また、この汗ふきシートには、殺菌効果のために、アルコールが含まれている物があります。
使用することによって、お肌の水分、そして油分が拭きとられてしまい、お肌が乾燥してしまうことも。
お肌が乾燥してしまうと、皮脂を過剰に分泌してしまう結果になり、臭いの元になっていることがあります。
また、汗ふきシートでゴシゴシとお肌をこすることで、摩擦が起き、皮脂が過剰に分泌し臭いを発生したり、お肌の黒ずみの原因にもなります。もちろん美肌のためにも摩擦は良くありません。
使用するときは、優しく拭くのが大切です。

 

制汗スプレーを使って体臭対策

制汗スプレーは、瞬間的な脇汗のニオイ対策になりかねません。
臭いを消す効果が持続しません。
制汗スプレーは、スプレーをした際にでるガスが肌表面の熱を急速に気化させます。
また、配合されている成分で汗を吸着させ、お肌をさらっとした感触にしています。
このときに、お肌を乾燥させてしまっています。
お肌の乾燥によって、臭いを発生させていることもあります。

 

きれいに洗う

臭いが気になり、ゴシゴシと洗う。強い成分の石鹸やボディソープで洗うことでお肌にある皮脂を落としています。
その結果、過剰に皮脂が分泌し、お肌が乾燥してしまうので、洗いすぎは体臭対策には悪循環になります。
洗う際には、優しい刺激の少ない成分の石鹸やボディソープを選び、ゴシゴシすることのない優しい泡で洗うことがポイントです。また、お肌を乾燥させないように、しっかりとボディクリームなどでの保湿ケアが大切です。