女性 加齢臭体策

加齢臭

加齢臭とは、2000年に生まれた言葉です。
資生堂の研究所が中高年特有の「脂臭くて、青臭いニオイ」の原因が「ノネナール」という物質にあることを発見し、この体臭を「加齢臭」と名付けました。
「ノネナール」は、中高年の皮脂に含まれる脂肪酸が分解されることや、過酸化脂質によって酸化することで発生します。
若い人の皮脂には、この脂肪酸がほとんどなかったり、過酸化脂質の量も少ないので、「中高年特有の臭い」になります。
加齢臭=「おじさん臭い」と思われがち。
でも、「ノネナール」は男女問わず、40歳を過ぎた頃から年齢に比例して増加します。
特に60歳以降は急激に増加していきます。

 

男性は女性よりも皮脂量が多いので、臭いが目立ちやすいこともあり、『おじさん臭い』という印象があるのかもしれません。
実は、皮脂量が少ない女性も同じなのです。
特に女性の場合は、体内の女性ホルモンの働きで皮脂分泌を抑えていますが、加齢によって、女性ホルモンの分泌が減少すると同時に男性ホルモンの働きが活発化し、皮脂が増えます。
これによって女性も加齢臭がするようになります。
一般的に、女性ホルモンが減り始める時期は、35歳前後と言われています。
また、40歳を過ぎると抗酸化物質の働きが弱まることで、細胞が活性酸素によって酸化しやすくなります。それが皮脂の酸化を強め、加齢臭を強めています。