デオシーク 体臭 対策

身体の内側からも体臭が発生しています。
体臭を引き起こしてしまう食品とは?

肉類

タンパク質を消化するためにエネルギーをたくさん使います。
その分体温が上がり、汗をかきやすくしています。
汗に含まれたタンパク質や脂質を皮膚常在菌が分解することで、体臭が発生します。

 

にんにく

にんにくを切るとアリシンという物質が発生します。
これが口臭の原因になったり、体内に取り込まれて胃で消化、そして血液中に取り込まれて皮膚から排出されてしまうため、体臭の原因になります。

 

動物性脂肪(チーズ、牛乳など)

大腸まで届いたタンパク質が腐敗し、ニオイ成分が発生。
さらに、腸内の悪玉菌などによって分解され、アンモニアが作り出られることでニオイの原因になります。

 

辛い食べ物

辛い物を食べると汗が出やすくなり、その汗と雑菌が混ざり合いニオイの原因になります。

 

リノール酸が含まれる油

サラダ油、植物油です。
リノール酸は血中のコレステロールや中性脂肪を増加させてしまうので、体内で「過酸化脂質」になり、様々なニオイ物質をつくりやすくしてしまいます。

 

アルコール

アルコールが体内で分解されるとアセトアルデヒドという成分に変化。
それが血液の中を通って肺や汗腺に送られ、そこからニオイが発生します。